新作「叡知の薔薇」

Rosewindow51

古代リラ語のイシュヴィシュ(叡知の王)の文字が結界のように薔薇を引き寄せます。
図案が重なるたびに薔薇が浮かび、心踊らされる作品です。
制作しているとアンゲルス・シレジウスの詩を思いだします。
「バラはただ咲くべくして咲いている。人の顔色を気にしていなければ、人にどう思われるかも気にしていない。
あなたはあなたでしかない。人の評価があなたではない。もう人の評価を気にして、自分を殺すのはやめよう。
自分らしく、思いっきり生きてみよう。」
 
来年度の新春セミナーはオンラインで3月の予定です。またお逢いしましょう♪

BannerBanner1Banner2Banner3

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

全国展本編動画公開

ローズウィンドウ特別セミナー2021